オカメインコの小春とうた、アキクサインコの花梨です。金魚も飼いはじめました。


by y-naru56

ヤマモモ、ケーキ、ジャコウアゲハ

まあまあの天気なので、久しぶりに近所を散歩する。
まず見つけたのは、ヤマモモの実。
c0027871_20153632.jpg
ここは横浜市水道局の敷地。
まだ色付いているのは少ないが、青い実もたくさんあったので楽しみ。
高枝切り鋏が必要か?
これで果実酒でも造ったら美味そう。

c0027871_20164611.jpg
お昼を食べて、公園を散歩して、カフェで休憩。ケーキと冷たい飲み物をいただく。美味しゅうございました。

買い物をして帰る途中に見た紫陽花。
c0027871_20175293.jpg
たくさんの花が付いていてきれいだ。

ふたたびヤマモモの木の下に戻って観察していたら、変なもの発見。あたりをよく見ると蝶の幼虫がいた。
写真に撮って、帰ってから調べてみたらジャコウアゲハの幼虫だった。



c0027871_20182895.jpg
これが幼虫。
c0027871_20185187.jpg
もうすぐ蛹になるところ。(前蛹)
c0027871_20194220.jpg
そして蛹の状態。


このジャコウアゲハはウマノスズクサという植物しか食べない。この植物には毒があり、それを食べたジャコウアゲハの幼虫も毒をもつので、鳥などの天敵に襲われないらしい。
しかし、最近ウマノスズクサが減少してるためジャコウアゲハも減っているそうだ。水道局の敷地内ということが幸いして生息環境が守られてるのかもしれない。

ジャコウアゲハを検索していて見つけた記事に「別名お菊虫」というのがあった。
それを見て長年の疑問が解消した。
上方落語の『皿屋敷』でご隠居が町内の若い衆にこう言っていた。
「おまえらお菊虫という虫を知らんか?」
「はぁ、あの後ろ手に括られた様になってる」
「そうやがな、あれがお菊の亡霊や」
この「お菊虫」がわからなかった。見たことも聴いたこともない。ちょっと想像も出来なかった。
しかし、この蛹を見て納得した。確かにそういう格好に見える。
なるほどねぇ、昔は普通に見られる虫だったのかなぁ。

この蛹、ちゃんと羽化するといいなぁ。
[PR]
by y-naru56 | 2005-06-19 20:42 | 自然・植物