オカメインコの小春とうた、アキクサインコの花梨です。金魚も飼いはじめました。


by y-naru56

カテゴリ:インコ( 234 )

春になったら新しい子をお迎えしたいと考えていたのですが、その時はアキクサインコがいいと思ってました。
ネットでいろいろとアキクサのことをみているうちにあるブログが気に入り、是非そこからヒナをお迎えしたいと思い、今年初めて生まれたヒナの里親募集に申し込んだところお譲りいただけることとなりました。

そのブログは★アキクサインコ 区★といいます。
今日11時にMさんが我が家まで届けてくださいました。
アキクサインコ、ルビノーの女の子。
名前を花梨(かりん)ちゃんと命名しました。

うちのオカメと比べると小さいなぁ~!
性格的にはオカメに似ているようです。
いきなり知らない家に連れてこられて、緊張で固まっています。
こちらから手を出さずに向こうが慣れてくるのをのんびり待つ方がいいなどのアドバイスをいただき、とりあえず今日は放鳥しないで様子を見ることにします。

c0027871_1942949.jpg
意外とカメラを怖がらないので、ケージ内のファーストショット。


1時間以上ほとんど動かないと思っていると1時頃になって、緊張が解けてきたのかキョロキョロしだしてちょっと移動。
さえずる。可愛い声。オカメとは大きな違いだ。

3時すぎにオカメたちが「ごはんごはん」と騒ぐので餌をあげてから小春とうたを放鳥。
すると、なにやらオカメが気になるのか、ケージ内を動きまわる花梨ちゃん。
もしかしたら出たいのかと思い、出入り口を開けてあげると出てきました。
いきなり飛び出して、どこに止まったらいいのか分からずグルグル飛んで、それにびっくりしてうたちゃんまで飛びまわるからパニック状態。
カーテンのところに止ろうとしてむこう側に落ちた!
花梨ちゃんが飛ぶとうたまで飛びまわって危ないのでうたはケージにお引き取り願う(ごめんねうたちゃん)。

どうも花梨ちゃんは小春が気になるようなのだ。
ケージの上に止った小春のところに近寄っていく。
ケージの上は危なっかしいのでテーブルの上に移動させると活発に動き始めた。
とりあえず置いてあるものを一通りかじってみる。
小春の好きな布もカジカジしてみる。
手も怖がらずにカジカジしてくる。
そしてなぜかまた小春に近寄る。
逃げた小春が肩に止まると、人の手をよじ登って肩まで上がってきた。

c0027871_1943028.jpg
う~ん、さっき聞いたMさんの話とだいぶ違うぞ。
活発で好奇心旺盛に見える。
髪の毛をかじったり、瞼をかみかみしてくれたり、メガネに興味を示したり、なにより自分の倍の大きさの小春おじさんを追いかけて自分から近付いていくなんて思ってもみなかった。

ただ、動きが止まるとしばらくは大人しく動かない。
ポケーっとしている姿はかわいらしい。
c0027871_1942924.jpg


それにしてもひなのに続いて今度は花梨ちゃんにモテモテの小春。
何かフェロモンでも出てるのか?
[PR]
by y-naru56 | 2013-03-23 19:31 | インコ

ダイエット成功かな

小春は80g台、うたは90g台でだいたい安定している。
いい感じじゃないかな。
c0027871_155553100.jpg

[PR]
by y-naru56 | 2012-12-10 16:02 | インコ

小春も元気になりました

ひなのがいなくなってしまい、ちょっと元気がなくなっていた小春。
しばらくは好きな布を引っ張る遊びも、クッションに向かって歌をうたったりもしなかった。
ひなのがラブラブな視線を送っても冷たい態度で関心なさそうだったので問題ないと思っていたのだが、やはり気にしていたのかもしれない。
幼鳥のときからずーっと、ひなのと一緒だったからね。
それが最近は布を引っ張ったり歌をうたったりするようになってきたんだ。

c0027871_15431295.jpg
少しずつ元気になっています。

[PR]
by y-naru56 | 2012-09-18 16:04 | インコ

小春とうたの健康診断

小春は11歳、うたはもうじき10歳と、いずれも高齢にさしかかっているので、健康診断に行ってきた。
うたは特に気になることはなく、最近は発情もしないし、てんかんの発作も見られないし、首を傾げたり片足あげたりといったおかしな行動もしない。そのう検査をしてもらったけど問題なし。
ただ小春はやはり元気がないというか、おとなしくなって寝てることも多いようなので、血液検査をしてもらった。
ひなののこともあったし、何もなければそれで安心だしね。
結果は、やや脂肪肝気味だけど、まぁ問題なし。
最近はペレットしかあげてないし、量も制限してるので、太らないようにすれば大丈夫でしょう、ということだった。
c0027871_12522693.jpg
これでちょっと安心。

[PR]
by y-naru56 | 2012-08-20 13:11 | インコ
膵臓が悪いのではないかということで、病院に通っていたひなのですが、1週間前から状態が悪化し、8月5日未明に亡くなりました。

月曜に少し体重が減り44gになってしまいました。
エサはかじっているのですが食べてないようでした。
その後はその体重を維持して、水曜には食前44gから食後には46gになったので、「食べられるなら大丈夫か」と思ったのですが、木曜にはかじっているだけで食べてない状態になってしまいました。
一日中エサを食べさせていたんですが、夕方には43g。
この時点で病院に電話して翌日の予約をとりましたが、夜には42g、翌朝には41gに、その上飲んだ水も吐いてしまいました。
予約時間より早く病院に駆けつけ、診てもらいました。

膵臓が悪化して膵炎を引き起こし、痛みや炎症のため食べられなくなったと考えるられる。
エサが食べられない=危篤状態なので、入院させるか、自宅で見取るかのどちらか。
痛み止めなどの処置をしますのでその間に決めてください。
と言われ、一度診察室の外に出ます。
妻と相談して連れて帰ることにしました。
受付の方に「連れて帰ります」と告げると、再び呼ばれて診察室に。
先生は「痛み止めを打ったら少し楽になったようです」と言いながらひなのをキャリーケースに入れました。
そうしたら、ひなのがエサを食べたんです。
それを見た先生は「良くなる確率が上がった」と言いました。
私たちも心を動かされて、一度は家で見取ると決めたのを翻して、入院させる道を選びました。
それはひなのの「がんばる」という意思表示にも思えたからです。

8月3日、ひなのちゃん入院。
少しでも良くなることを期待して待っていたんですが、5日の午前4時前に先生から電話があり、亡くなったことを聞きました。
そんな時間にひなのを診てくれていたんですね。ありがとうございます。
朝一番にひなのを引き取りにいきました。
先生からは、「痛み止めを打っていたのであまり苦しまなかったと思う。眠るように息を引き取った。」と聞かされました。
先日、「長く診ている子はどうしても情が移る」と言っていましたが、先生も残念そうでした。
でも、私たちに後悔はありません。
逆に、あのまま連れて帰っていたら後悔していたかもしれません。
ひなのちゃんはがんばりました。その結果なのでしかたありません。

家に帰る途中お花を買いました。
グリーン、オレンジ、青紫、白。ひなのの色の花です。
3時には近くの動物霊園の火葬場に行きました。
お花とエサと私たちや小春、うたの写真を一緒に燃やしてもらいました。
あっという間にひなのちゃんはお骨になっちゃいました。
11年なんて長いようで短かったなぁ。
ありがとうね、ひなのちゃん。
c0027871_14502831.jpg

[PR]
by y-naru56 | 2012-08-06 14:53 | インコ
週末にいつもの病院で血液検査を受けてきた。
結果は、アミラーゼの値が相変わらず高いものの、リパーゼは下がってきている。
カルシウムや白血球の値も良くなっている。
薬が効いてるのかもしれない、とのこと。
今回から薬を弱くして、また3ヵ月後に血液検査をすることにした。

体重も安定しているんだけど、体温が上げられないようで寒がる。
だいぶ陽気もよくなってきているのになかなかヒーターが切れない。
ちょっと部屋の空気を入れ替えたりすると、ひよこランプの上に張り付いてしまう。
他に40センチ四方のヒーターをケージの横に置いているのだが、今までは24時間つけっぱなしにしていた。
かなり暖かいのだが、それなりに電気代もかかるし、さすがにもう暑すぎる。
昼間はひよこランプだけにして様子を見よう。
寒がるようなら弱いヒーターを買った方がいいだろうな。

c0027871_13281594.jpg
寒くてふくらんじゃう。

[PR]
by y-naru56 | 2012-06-05 14:04 | インコ

ダイエットの効果?

c0027871_16471089.jpg

ダイエットしてるんだけど、ちょっとしか体重が減らないうたちゃん。
見た目もあまり変わらないよねぇ。
小春は10g以上のダイエットに成功し、シュッとして細くなったようだ。
うたは元々の体格が大柄なので、これ以上は落ちないのかなぁ。
お腹を空かせているので、「ごはんごはん!」とうるさいのだ。

c0027871_16471348.jpg
豆苗もばくばく食べる。


ひなのは3回目の血液検査をした。
膵臓の状態を表す数値は相変わらず悪い。
でも、一時期よりは良くなっているし、なによりひなのの状態が安定しているので、このまま投薬を続けることになった。
通院も2週おきから1ヵ月おきに。
[PR]
by y-naru56 | 2012-03-05 17:55 | インコ

ただいまダイエット中

健康だと思っていたひなのちゃんの具合が悪くなって、改めて体調管理の難しさを感じている。
やはり基本は食生活。
必要以上に食べさせたり、脂肪分を摂取させるのは良くない、ということで、
オカメたちもダイエットさせることに。

なので、最近の小春とうたはいつもお腹を空かせている。
朝ご飯をあげると、すぐにみんな食べちゃう。
昼間は誰もいないので夜まで待っていなければいけないのに。

c0027871_15455693.jpg

なのになかなか体重が落ちない。
ふたりとも丸いよ〜。
[PR]
by y-naru56 | 2011-12-19 15:56 | インコ

ひなのの血液検査

さて、10歳になったひなのだが、あまり元気がないような気がする。
この前の換羽の時に風切り羽根の色が変わった。
すっかり生え替わったら分からなくなったが、新しい羽根と古いのとでは濃さに差があったのだ。
背中も何か黄色味が増したような気がする。
といっても、「いついつから急に元気がなくなった」というわけではないし、元々おとなしい子だったのであまり気にもしていなかったのだが、いろいろ考え合わせると心配なので、獣医さんに診てもらった。

先生の説明は「加齢によるもので病気じゃないケースもあるし、肝臓などの病気も考えられるし、血液検査をしないと何とも言えない」ということだった。
このまま様子を見るという選択肢もあったんだが、とりあえず元気な時に一度検査してもらうことにした。
調子が悪くなってから検査するのも怖いからね。
それに、はじめから血液検査のことは念頭にあったし。

で、検査の結果「肝臓の数値は悪くないんですが…」と複雑な表情の先生。
白血球が多く、膵臓の値がよくない。
カルシウムが低いなどほかにもいくつか問題が見つかった。

考えられるのは、膵臓が炎症を起こしていて、白血球が増えているんじゃないかということ。
そこで、抗生物質と膵臓の薬を投与して、数値が改善するか1ヵ月後に再検査することになった。

これが10月29日のこと。
それから飲み水に薬を混ぜて飲ませたんだが、これがまずいらしい。
ヒナの時に、薬をいやがらないよう色の着いたビタミン剤を入れた水を飲ませて慣らしたんだが、味のことまで考えなかったなぁ。
すっかり水を飲まなくなり、水道や人が飲んでるものから水分を取ろうとするようになってしまった。
2週間後に病院に行って説明したら、おいしい薬に変えてくれた。
こちらは問題なく飲んでるようだ。

で、11月26日に2度目の血液検査。
結果、白血球は減少した。
それに伴いいくつかの数値は改善した。
ただ、膵臓の値は、多少よくなったが相変わらず悪い。
薬が効いてきているともみられるので、このまま投薬を続けて様子を見ることになった。

実際に、膵臓のどこがどう悪いのかっていうことになると診断は難しいようだ。
アミラーゼやリパーゼといったものの数値が悪いので、人間でいうと膵炎の疑いがあるってことかな。
症状が進めば糖尿病の危険もある。
やはり食事もペレットのみで、脂肪分の高いシードはなし。
薬もまずい方がよく効くらしく、両方もらって少しずつまずいのを混ぜて慣らしていこうということになった。

ひなのちゃん、お薬飲んでね。
[PR]
by y-naru56 | 2011-11-27 14:46 | インコ

ネムネムです

c0027871_1238574.jpg
とうに10歳の大台にのってしまったひなのですが、
あいかわらずふわふわしたものに包まれると眠ってしまいます。
二人とも気持ち良さそう。

[PR]
by y-naru56 | 2011-10-17 12:43 | インコ