オカメインコの小春とうた、アキクサインコの花梨です。金魚も飼いはじめました。


by y-naru56

カテゴリ:食&酒( 124 )

c0027871_13585094.jpg
バレンタインデーには早いけど、先日うちの奥さんが銀座に行ったときに買ってきた。
オレンジピールをチョコでコーティングしたものは我が家の好物。
ダークチョコがほろ苦くて、夜遅くにお酒と合わせて、ちょっとつまむのにいい感じ。

c0027871_1410667.jpg
ここのマロングラッセは大きくて美味しくて高い。
過日、頂き物を食べてびっくりしたんだけど、それが忘れられなかったのか、今度は自分で買ってきた。
私は栗が好きだが、うちの奥さんはあまり好きじゃない。
滅多に食べないんだが、これはそこいらの栗とは別物らしい。
確かに美味しいけどね。
これひとつぶで普通の天津甘栗がどれだけ買えるんだろうか……、などと貧乏性な考えが浮かんでしまう。
ちなみに、こちらはマロングラッセ アントワープ。ピエモンテ産の栗だそうです。
上の写真のはマロングラッセ デルレイ。ナポリの栗を使用してるそうです。

c0027871_13591238.jpg

[PR]
by y-naru56 | 2011-02-10 14:36 | 食&酒

生海苔の佃煮

きのう川向こうの行徳の方にお昼を食べに行き、ついでに買い物していたら生海苔を売っているのを見つけた。
この辺の漁師さんが採ってきたものらしい。
近くでは冬の間、海苔漁がおこなわれている。
東京湾のこんな奥の方で?、と思うかもしれないが、今でも江戸前の海苔を守っている漁師さんはいるのだ。

購入してきて、ネットで佃煮の作り方を検索。
基本的に難しいことはなさそうだ。
今朝は生海苔のみそ汁にしてみたが、かすかに磯の香りがする美味しいみそ汁ができた。

たくさんあるのでやっぱり佃煮にしよう。
c0027871_1427090.jpg
刻んで、洗って、ザルにあげ、軽く水気を切る。

c0027871_14271589.jpg
醤油大さじ3、酒大さじ2、みりん少々、かつお節を適当に加えて煮る。

c0027871_14272791.jpg
30分くらいで出来上がり。
酒のつまみ、ごはんのお供に良さそう。

[PR]
by y-naru56 | 2011-01-31 14:57 | 食&酒

メリークリスマス

すっかりブログを放置していました。
あっと言う間にクリスマスになってしまいましたが、
久しぶりに料理の写真でもアップします。

しばらく前にラム肉の塊を買ったので、23日に料理しようと思っていたのだが、
今日は仕事が入ってしまったので、うちの奥さんがひとりでいろいろと仕度をした。
思ったより肉が大きかったのでオーブンでローストすることにしたらしい。
詳細は見ていないので分からないが、私が帰宅したら、マリネしてタコ糸で縛られた肉が既にオーブンのなかで焼かれていた。
今回、肉と一緒に買ったのがこれ。
c0027871_13102288.jpg
ポップアップタイマー。
肉に刺して焼くと焼き上がりを知らせてくれる。
これは「62度、牛・ラム肉、ミディアムレア用」。
先端の部分が62度になったら、オレンジの部分が飛び出す仕掛けになっているのだ。
どういうメカニズムでそういうことになるのかよくわからないが、この小さな先端にハイテクが詰め込まれている、わけではなさそうだ。
用途により温度設定と長さの違うものが数種類売られている。

前菜やワインを用意しながらオーブンを覗いては、オレンジの先端が飛び出すのを待っていたんだが、なかなか飛び出さない。
45分以上して、「壊れてるんじゃないのか? これだけ焼いてもまだ表面から3センチ下が62度にならないのか?」と思っていたら、飛び出した!
早速オーブンから肉を取り出し、アルミホイルにくるんで寝かせる。

その間にパプリカとサーモンのサラダを食べながらワインをいただく。
c0027871_13274947.jpg
玉ねぎ、カッテージチーズ、ケッパー、デイルの葉。

いよいよ、寝かせておいたラム肉を切り分ける。
c0027871_13313628.jpg
おいしそうに焼けている。
ローストしたポテトを添えて、オレンジのソースをかけて。
ラム肉好きなんだよね。
ちょっと肉をアップで。
c0027871_13531783.jpg
焼け具合もちょうどいい。
ソースも適当に作ったにしてはおいしい。

デザートはシュトーレン。
大きなケーキはとてもじゃないが食べられないので、我が家ではここ数年これだ。
日持ちがするのでちょっとずつ食べる。
c0027871_13393082.jpg
今年はツレの会社の人が退職後に始めたというパン屋さんから購入したもの。
最近は忙しく、今日も仕事だったが、夜にはゆっくりとできてよかった。
c0027871_1344686.jpg
クリスマスっぽい飾りつけも少し。
後ろのケージでは鳥さんたちがうとうと。
3羽とも元気ですよ。
それでは、メリークリスマス。
[PR]
by y-naru56 | 2009-12-23 23:47 | 食&酒

HOBGOBLIN

昨日まではビールのおいしい陽気でしたが、今日は?

c0027871_1512042.jpg

[PR]
by y-naru56 | 2009-04-17 15:02 | 食&酒

行徳あたりを散歩する

東京の東の端の方の引っ越して驚いたのは、タイ料理やインド料理の店が多いことだ。
錦糸町のタイ料理、葛西のインド料理は知っていたけど、それ以外にも結構あちこちにそういうお店があるのだ。
タイ料理もインド料理も好きなので、仕事の帰りに立ち寄ったりしていたのだが、先日、自転車で川向こうの千葉側に行ってみたら行徳のあたりにもタイ料理屋さんがいくつかあるのを見つけた。
調べてみたら周辺にはかなりのお店があるようだ。

今日は陽気がいいので行徳の方まで散歩に出た。
途中、トンヨッでランチ。
タイソーセージのサラダ、アヒルラーメン、ガッパオとビール。
家からここまで歩いて35分ほど。
さらに5分ほどで行徳の駅だ。
駅の周りを歩いていると八百屋や魚屋が何軒か並んでいたのでのぞいてみたら、店先にマンゴスチンやスターフルーツが並んでいる。
よく見るとドリアンまで売っていた。
パクチーも大きな束が200円。安い。
この辺に住んでいるタイ人やレストランの人が買いにくるんだろうな。

行徳から南行徳に向かって線路脇を歩いていくと、ひろしストアーがある。
ここは別の日にツレが自転車で行ってみたお店で、タイの食材などを扱っている。
店にはタイ語しか話せないおばさんがひとり居るだけだったらしいが、今日も同じおばさんがひとり。
カレーペーストをとって、ほかに何かないかと冷蔵庫の中を見るとデザートがおいてある。
おばさんが来て指差しながら「アロイ」と言う。
アロイ(おいしい)はいいんだけど、なんだかよくわからない物もある。
ミドリ色のゼリー状の物と茶色いドロドロがふたつの袋に分けて入れてあるものを手に取って、「これと、これを、まぜて、たべれば、いいの?」と手振りで聞いてみても言ってることがよくわからない。
わかるのは最後の「アロイ」だけだ。
結局、以前食べたことのあるココナッツミルクのゼリーのような物を買う。

そこから家までまた歩いて帰ってきた。
今日は暑いくらいだった。

c0027871_15461224.jpg
パッケージを見るとお店の名前のようなものが書いてある。
検索したら池袋にあるタイスイーツの専門店でつくられたものだった。
すごくおいしかった。
今度は何か変わったものにしてみようかな。

c0027871_15462469.jpg
こちらはグリーンカレーとレッドカレーのペースト。
[PR]
by y-naru56 | 2009-02-14 19:49 | 食&酒

タルトフランベをつくる

三軒茶屋のお店で何度か食べたタルトフランベを家でも食べたいということで、あれこれレシピを探してつくってみた。
生地はホームベーカリーでこねて、薄くのばす。
ヨーグルトを水切りしてフロマージュブランをつくり、クレームエペスというクリームと混ぜ合わせて生地に塗る。
薄切りの玉ねぎと細かく切ったベーコンをのせて黒こしょうをたっぷり挽き、熱したオーブンに入れてカリカリに焼ければ出来上がり。
c0027871_142171.jpg

ちょっと生地が厚いが、味はお店で食べたものに近かった。

二次発酵しなくてもいいし、簡単でピザみたい。
クリームを使うのがピザと違うところだが、単に生クリームだったり、サワークリームだったり、いろいろなレシピがあった。
その辺が家庭の味なんだろうか。
[PR]
by y-naru56 | 2008-12-16 20:22 | 食&酒

寄り道

お互いの職場がさほど離れていないので、ツレと仕事の帰りにどこかに寄って何か食べていくとか、買い物していくとか、そういうことはよくある。
引っ越す前は二子玉川が多かった。
食事したり、高島屋で買い物したり、お気に入りのお店もあった。
今の家はまったく逆方向なので寄り道する所も変わった。
よく行くのは人形町。
ずいぶんと雰囲気は違うがおいしいものがあればいいのだ。
ふらふらと歩き回るのも楽しい。
c0027871_11433656.jpg
彦九郎のわらび餅とどら焼きじゃなくて虎家喜(とらやき)。
紙をはがすとシマシマの虎模様になる。
餡がおいしい。
[PR]
by y-naru56 | 2008-10-10 11:47 | 食&酒

タルトフランベ

現在は田園都市線の沿線に住んでいる。
三軒茶屋に住み始めたのが25年くらい前。
以来、何度か引っ越したがずっとこの沿線で暮らしてきた。
住み易い所だと思う。
お気に入りのお店もあるし、いざ引っ越すとなるとちょっとさびしい気もする。
そんなお店の一つ。vin et cuisine A.k.
引っ越しの前にここのタルトフランベが食べたくなった。
タルトフランベは、ベーコンと玉ねぎ、チーズをのせて焼いた、薄いピザのようなもの。
c0027871_16192315.jpg

香ばしくておいしい。
ここはメインの煮込み料理も美味しくて、牛スジ肉と胃袋の煮込みをいただく。
ワインもいいものを揃えているので、食事をしていて楽しいのだ。

まぁ、そう遠くへ引っ越すわけじゃないので、行こうと思えば行けるんだけどね。

もうじき引っ越しです。
[PR]
by y-naru56 | 2008-05-29 23:14 | 食&酒

オーソブッコ

c0027871_17214273.jpg

オーソブッコは子牛の骨付きすね肉を白ワイン、トマト、玉ねぎ、ニンニクなどで煮込んだもので、ミラノ風サフランのリゾットを添えるのが定番。
肉はしばらく前に買ってあったもの。
なかなか料理する機会がなかったんだけど、いつまでも冷凍庫に入れておけない事情があって、ようやっと料理された。

c0027871_17352086.jpg

オーソブッコとはイタリア語で「骨の穴」という意味。
真ん中の骨に穴があいていて、中には髄が詰まっている。
こういうのが好きなんだよねぇ、二人とも。

ところで、「いつまでも冷凍庫に入れておけない事情」というのは「引っ越し」なのです。
来週には転居なのです。
ということでただいまバタバタしています。
[PR]
by y-naru56 | 2008-05-25 22:20 | 食&酒

スパイス

c0027871_831438.jpg


自由が丘の「レピス・エピス」(Lepice et Epice) でスパイスを購入。
上の細長いビンは煮込み用スパイス。
タジン(モロッコやチェニジアの料理)に必要な香辛料が入っているので、これで肉とジャガイモなどを煮込めばそれ風な料理ができるというもの。
つい手が伸びてしまった。
下はレッドペッパー。胡椒を熟成させたものらしく香りが素晴らしい。
ちょっとめずらしいね。
ちなみに、黒胡椒、白胡椒、グリーンペッパー、ピンクペッパーは製法の違い。
これはもっと熟した実を使ったっていうことなのかなぁ。
グリ-ンカルダモンは「すごくいいものが入ったんですよー」というお店の人のおすすめで、
確かに家にあるカルダモンとは比べ物にならないくらいの香り。
コリアンダーシードはちょうど切れていたので買っておいた。
これでカレーを作るのが楽しみだなぁ。
[PR]
by y-naru56 | 2008-05-17 22:58 | 食&酒